尾山台の歯科なら尾山台歯科クリニック

入れ歯・義歯治療

ホーム > 入れ歯・義歯治療 > 入れ歯とインプラント治療の違い

入れ歯とインプラント治療の違い

日本国内においてネガテイブな風潮に巻き込まれつつ有るインプラント。外科治療を要することや、
一旦埋入されると簡単に取り外しが出来ないことは一生涯の人生で考えた場合にデメリットなりうる可能性があることも
十分に説明しておく義務が我々歯科医師には有ります。

しかもどんなに転んでも天然歯を機能的に上回ることは、インプラントテクノロジーがどれほど進歩したとしても有り得ません。

但し適応症を選び、上手に用いることでブリッジや入れ歯が持ちうるリスクやデメリットを回避し、
口腔内環境を長期的に維持安定させられる大いなる武器となりうるのも事実です。
だからこそ慎重に取り組まねばならないものだと考えております。

 

メリット

  • 治療負担が少ない(手術等がいらない)
  • お手入れが簡単(取り外して洗ったりできる。修理も簡単。)
  • 審美的回復も容易(ケースによってはインプラントで行う治療よりも、若々しい願望が獲得されます)

 

デメリット

  • 着脱を前提とするため、取り外してのお掃除が煩わしい
  • 固定式ではないため、口腔内での動きを抑制するために装置が大きくなりがちで、異物感が大きくなることが多い

入れ歯とブリッジの違い

ブリッジを適応すべき部位とその周辺組織への配慮により、ケースによっては十分に長く持つブリッジの作製は可能となります。

歯を削ることで起こりうるデメリットは、インプラントの場合の骨を削る・歯茎を切るなどの外科処置を行うことで
起こりうるデメリットと比較検討されていますか?

何よりも外科治療を回避出来るという大きなメリットが存在しております。
CAD/CAMテクノロジー、バイオマテリアルの進歩により、メタルへのアレルギーのある方などにも
適応となるロングスパンのフルジルコニアブリッジを審美的に仕上げる事も可能となって来ております。

 

メリット

  • 治療負担が少ない(手術等がいらない)
  • 固定式で装着時の違和感が比較的少ない

 

デメリット

  • 歯を削らなければならない
  • 失われた歯の歯冠部分のみの回復に限定される(歯根部分は回復されない)

0363221714お問い合わせ
お問い合わせ